WEBSITE

KOGANEZAWA
TAKEHITO

ENG

小金沢 健人

1974年 東京都生まれ・東京都を拠点に活動
在外研修:2001年度(3年間)・ベルリン

ジョン・ケージは1948年のレクチャーの中で、「沈黙の祈り」という題名の無音の作品をミューザック社に売るというアイデアを語っている。それは「典型的な商業音楽のフォーマットである3分から4分半の作品で、 花の色や形、香りのように魅惑的だが、いつの間にか終わっているもの」という構想だった。

後に「4’33”」として音楽史の特異点となる沈黙の作品は、初期のアイデアでは無音を作品化するためのフレームがいくつか用意されていた。継続時間は商業音楽のフォーマットから、作品の印象は花のメタファー、沈黙には祈りという意味を与えようとしていた。

1952年、ケージは3つの休止指示からなる「4’33”」を作曲・上演する。
4分33秒とはすなわち273秒であり、おそらく絶対零度の数値-273℃から来たものだが、これは「何もない」ことを作品にするための最低限の枠組みとして、ケージがsilenceの洒落としてのscienceを必要としたのだと思っている。

作品を満たすはずだった情緒は消されて、中身を問わないフレームだけが残った。

そして2020年。2月から5月にかけて世界はコロナで停止した。外出できずにオンラインでの活動が活発になり、5月末から再び世界は動き出そうとしていたが、その矢先にアメリカで警官による黒人の殺害が大きな抗議の波を引き起こし、混乱と衝突が広がっている。SNSが#blackouttuesdayのタグと真っ黒の投稿で埋め尽くされ、タイムラインの裏側では抗議の念が充満している。僕らは長いロックダウン生活の出口で混沌の世界を見ている。

コロナ状況下の僕の生活は、ネットの情報に影響されて、日々情動が激しく揺れていたが、傍目にはとても静かなものだった。そんな頃に、録音され、レコード盤に溝が刻まれた4’33”のことを考えた。

この作品は意思のある沈黙を生成するものとして4’33”を現在に再生する。273枚のブラックミュージックのレコードの無音部分だけをつないで、ケージが切り捨てた「沈黙の祈り」を、何でもよかったはずの4’33”のフレームいっぱいに。


参考文献:Kyle Gann, “Talk on John Cage's 4'33",” 2013.
https://www.kylegann.com/Miami-CageTalk.html

JPN

Born 1974 in Tokyo, based in Tokyo.
Overseas Study Program: 2001 (three years) in Berlin.

In a 1948 lecture, John Cage floated the idea of selling a soundless piece by the title “Silent Prayer” to the Muzak company. Cage explained his concept for a piece from three to four-and-a-half minutes in length, ie of standard commercial format, “as seductive as the color and shape and fragrance of a flower” but whose “ending will approach imperceptibility.”

In its initial idea, the silent composition that later earned singular status in music history as 4’33” was framed in a number of ways designed to convert silence into work of art. From its commercial-length format, to the floral metaphor as imagery, and silence posited as prayer, Cage endeavored to give meaning to his soundless creation.

In 1952, Cage wrote and performed 4’33”, which was made up of three instructions for rests. Four minutes and thirty-three seconds is 273 seconds, and likely a reference to -273℃, ie absolute zero, because, I think, Cage needed “science” to serve as a pun on “silence” as a minimum framework for turning “nothing” into a work.

The emotion that by rights ought to fill a musical composition was extinguished, leaving only the framing, heedless of what lay within.

Now to 2020, when from February to May COVID-19 brought the world to a standstill. Unable to venture out, we headed online with a virtual vengeance, until the world started to move again from late May. Just as this opening-up was starting to occur, the killing of a black man by police officers in the United States triggered a massive wave of protests, a proliferating tide of confusion and collision. Social media was flooded with black squares tagged #blackouttuesday, and behind this timeline, percolates a pent-up desire for protest. Thus we emerge from our long lockdown, only to find a world in chaos.

My life during the COVID-19 crisis was influenced by the information I found online, and emotionally was a rollercoaster from one day to the next, but seen from the outside, it would have seemed very quiet. It was during this period that I thought of those recorded 4’33” of grooves carved in vinyl.

This work reproduces 4’33” for today as something that generates an intentional silence. It joins the silent parts from 273 records by black musicians, taking the “Silent Prayer” discarded by Cage, and using it to fill a 4’33” frame when theoretically, anything would have sufficed.


Reference: Kyle Gann, “Talk on John Cage's 4’33”,” 2013.
https://www.kylegann.com/Miami-CageTalk.html