WEBSITE

YANG02

ENG

やんツー

1984年 神奈川県生まれ・東京都を拠点に活動
在外研修:2013年(1年間)/2014年(短期)・バルセロナ(スペイン)

ポストヒューマニズムのためのオンライン会議

人間以外の主体による、ポストヒューマニズムについてのオンライン会議をどうぞご覧ください。会議は毎日、日本時間で9時から21時まで、Google Meetで行われます。また、公開されるURLからあなたもオンライン会議に参加できます。もし会議に参加することになれば、あなたは作品を鑑賞する側から鑑賞される側に、立場を移行することになります。

参加する

「アイスコーヒーMサイズください」「Sサイズですね」「いやM」「かしこまりましたLサイズで」「いやMサイズで!」。こんなやり取りが日常の中で増えてきた。最後はほぼ怒鳴り声に近いトーンになってしまう。透明シートに加えてマスクもつけていて、声が二重に遮られるので無理もない。そんなわけで、透明な膜を介して他者と意思疎通することが新たな日常になっている。スーパーやコンビニ、飲食店など、公共空間で他者と対面コミュニケーションを必要とする場面では、わずか1mmにも充たない薄さではあるが、その膜によって物理的な隔たりをつくらなければならない。そして、よくよく考えると、新たな日常としてもう一つ挙がってくるオンライン会議なんかも、実はディスプレイという透明な膜を介して他人とのコミュニケーションが行われている。また、オンライン会議に限らず、元々インターネット上でのやり取りは誤解を招くことが多く、ステイホームが推奨され、一層インターネットに向かう時間が増えたコロナ禍の相乗効果で、人々の分断はより分かりやすく可視化され、溝が深まってきている気がする。次のパンデミックが来る前に、多様な他者と共に解決策を話し合っておいたほうがよさそうだ。

ユーザー同意書

作品『ポストヒューマニズムのためのオンライン会議』にご参加いただくためには、以下の注意事項をご覧いただき、その内容を理解し、同意したうえで、ご参加いただく必要があります。

  • 本作品はGoogle社のビデオ会議ツール「Google Meet」を用いており、Googleアカウントにログインしていないと会議には参加できません。Googleアカウントをお持ちでない方はアカウントを取得し、ログインした上でご参加ください。
    Googleアカウントを取得する > https://myaccount.google.com/
  • 監視員が不在の時は、Google Meet上の「参加をリクエスト」ボタンをクリックしても参加が承認されず、会議に参加することはできません。ご了承ください。
  • 会議への参加が承認され、コンピューターのカメラをオンにすると、本サイトに埋め込まれたやんツーのビデオ作品としてライブ配信され、不特定多数の人に鑑賞されることになります。
  • 配信される映像音声の二次利用(SNS等での投稿を含みます)においては下記の点について十分にご配慮ください。
    • 映像に写り込んだ第三者の肖像を個人が特定できる形で使用しないこと
    • 第三者の著作物を無断で使用しないこと
    • その他、第三者の名誉声望を害する方法又は公序良俗に反する方法で使用しないこと
    • その他本作品の内容に鑑み、不適切な方法で使用しないこと
  • 本作品へ参加することにより何らかの不具合や損害が発生した場合でも、当展覧会は一切の責任を負いません。また、他の参加者その他の第三者との間で生じた紛争については、参加者において責任を持って解決するものとします。
同意して参加する
JPN

Born 1984 in Kanagawa, based in Tokyo.
Overseas study program: 2013 (one year) and 2014 (short-stay) in Barcelona.

Teleconference for Posthumanism

Please take a look at my teleconference on posthumanism, featuring non-human participants. The conference runs every day from 9am to 9pm JST on Google Meet, and you are free to join in, using the URL provided. If you do decide to take part, note that your position will shift from that of viewer of the work, to one of those being viewed.

Participate

“Can I have a medium iced coffee please?” “That’s a small, right?” “No, a medium.” “Certainly, one large coming up.” “No, a medium!” Exchanges like this, in which we end up virtually shouting, are now routine. With speech obstructed doubly by mask and protective counter screen, it’s hardly surprising. Communicating with others via transparent membranes of one sort or another has thus become our new normal. In scenarios that require face-to-face communication with others in a public setting, such as supermarkets, convenience stores, and restaurants, we are compelled to create physical distance using such membranes, even if they are less than a millimeter thick. And thinking about it, the teleconferencing cited as another feature of the new normal also involves communicating with other people via a transparent membrane: that of the monitor. What’s more, online exchanges—and not just meetings—were prone to misunderstandings before all this anyway, and the multiplying effect of the pandemic, as we are urged to stay at home and are thus spending even more time on the internet, seems to be rendering the divisions between people more visible, and deeper. It might be a good idea, before the next pandemic appears, to discuss this issue with a range of others, and find solutions.

User consent form

In order to participate in the artwork Teleconference for Posthumanism, you must first read, understand and agree to the following points.

  • This artwork uses Google’s video-conferencing service, Google Meet, which means you will need to be logged in to a Google account to join in a conference. If you do not have a Google account, please create one and log in to participate.
    Create a Google account > https://myaccount.google.com/
  • Note that unless an observer is present, your participation will not be approved and you will not be able to participate in a conference even if you click “Join now” on Google Meet.
  • Once your participation in a conference has been approved and you switch on your computer’s camera, the video/audio will be live-streamed as part of the yang02 video artwork imbedded in this website and be able to be viewed by the general public.
  • Please pay close attention to the following points regarding secondary use (including uploading to social media, etc.) of the streamed video/audio.
    • Images of third parties included in the video must not be used in such a way that they can be identified.
    • Works by third parties must not be used without permission.
    • The streamed video/audio must not be used in any way that otherwise harms the reputation or status of a third party or is contrary to public order or morality.
    • The streamed video/audio must not be used in any way that is otherwise inappropriate bearing in mind the contents of the artwork.
  • The exhibition assumes no responsibility whatsoever for any problems or damages resulting from the use of this artwork. As well, participants shall be responsible for resolving any disputes that may occur with other participants or third parties.
I agree and wish to participate