WEBSITE

YAMAUCHI
TERUE

ENG

山内 光枝

1982年 福岡県生まれ・福岡県を拠点に活動
在外研修:2014年(短期研修)・ミンダナオ(フィリピン)

呼吸しないと生きてさえいけない人間は、マスクの裏に息をひそめるほど、どこまでも生命体として時にウイルスの宿主にもなる身体の制約から抜け出すことはできないのだと痛感させられる。それでも、その脆弱な肉体の内側から世界を直に経験してこそ、生きた媒体としてのダイナミックな心や表現が育まれるのではないか。新たな未知に直面する日々のなかで、命ある生き物として、そして思考や感性を授かったひとりの人間として“呼吸”できることが、なによりも生きることの源流にあるのだと実感させられた。

現在までつづく活動の入り口に辿り着いた頃、東日本大震災が起こった。圧倒的なエネルギーが一瞬で日常を飲み込んでいく映像を何度も観ながら、人はついに海から離れ、沿岸の生活文化は消えてしまうだろうと思った。けれど多くの人は海に向かうことをやめなかった。その現場に出逢うなかで今回の出品作の原形である《潮汐|물때》(2012)も生まれた。

パンデミックの最中、自然の摂理に身をあずけ呼吸する達人である素潜り漁の名手たちを想い、連絡した。いまそれぞれの場所において再び世界を呼吸すること、世界に息づくということ、この世界で息を引き継ぐということを、もう一度想像する力を届けてもらうために。そしていまや地球上で最もやっかいな存在となった人類が、この息苦しさを二度と忘れることがないように。驕りと忘却こそが命取りになることを、海では身を以って教えられるのだから。


出演・撮影協力

  • キム・ウンシルさん、下道里、済州島(2011年 / 韓国)
  • 松尾美智代さん、鐘崎、福岡県(2011年 / 日本)
  • シン・チホさん、沙洞里、鬱陵島(2020年 / 韓国)
    *ご家族のイ・キョンジュさんによる撮影
  • エジィ・アジャリさん、マティーナ・アプラヤ、ダバオ(2020年 / フィリピン)
    *ご友人のアンジェリー・チ―さんによる撮影
  • 早瀬千春さん、鴨ヶ浦、輪島市、石川県(2020年 / 日本)
    *ご家族の古倉優さんによる撮影
JPN

Born 1982 in Fukuoka, based in Fukuoka.
Overseas Study Program: 2014 (short-term) in Mindanao, Philippines.

As we try to conceal our breath behind masks, I, as a human being, who cannot even survive without respiring, have been painfully reminded that we cannot escape our physical limitations as living bodies and thus from time to time potential virus hosts as well. Yet I believe it is by experiencing the world first-hand from within this vulnerable flesh that our dynamic souls, our expression, develop. As we face a new unknown, I have come to realize at a visceral level that the ability to “breathe” as a living thing, and as a human being endowed with mind and sensibility, is the very basis of living.

Just as I was embarking upon an artistic exploration of maritime culture that I continue to pursue today, the March 2011 earthquake and tsunami struck. Watching footage of an overwhelming force swallowing up everyday life in an instant, I imagined people would eventually move away from the sea, and the coastal way of life would disappear. Yet many did not turn away from the sea. It was encounters with such people that spawned tides (2012), which served as the original form of this work.

In the midst of the pandemic, I thought of my free-diving fishery mentors, well-practiced in entrusting their survival to providence as they breathe, and asked them to deliver to us the power to imagine, once again, wherever we may be, what it will be like to breathe the world again, breathe in the world, receive breath in this world. And so that humanity, now the greatest threat to the planet, will never forget this present suffocation. Because the ocean teaches us first-hand that arrogance and obliviousness are the very things that will bring about our demise.


Collaborators

  • Kim Eun-sil, Hado-ri, Jeju Island (2011 / South Korea)
  • Matsuo Michiyo, Kanezaki, Fukuoka (2011 / Japan)
  • Sin Ji-ho, Sa-dong ri, Ulleung Island(2020 / South Korea)
    *Filmed by his wife, Lee Kyung-joo.
  • Edjie Adjari, Matina Aplaya, Davao, Mindanao (2020 / The Philippines)
    *Filmed by his close friend, Angely Chi.
  • Hayase Chiharu, Kamoga-ura, Wajima, Ishikawa (2020 / Japan)
    *Filmed by her nephew, Furukura Yu.